最近では昔と違って子どもたちが結婚しても、特に長男坊の息子もそうでしょうが嫁さんが親と同居、つまり、嫁と姑が一緒の生活することを敬遠しがちです。 しかし、何れは義務として子どもたちは親の面倒を見なければならないという使命感や責任感もあることも確かです。 其のためにも二世代住宅というのは有効かもしれません、

そんなことで二世代住宅について前向きに検討している人も多いと思います。 ただ二世帯住宅というのは基本的には親の世帯と子の世帯とが一つの住まいで生活するということになりますね。 

更に、同じ屋根の下の二世代住宅といっても、共用する部分も当然出てきますね。 其の共用する部分がどの程度のものにするかは色々と検討の余地がありますし、この辺りは親の世代と子の世代の考え方やそれらののギャップもあることも確かで、この辺りの折り合いが結構問題でありややこしかったのです。

そんなことで、我が家では二世代住宅と言っても同じ屋根の下でも完全に分離するタイプの家にしたのです。 つまりは一階部分が若者夫婦家族の部屋(家)、そして老夫婦の部屋(家)は外階段の二階にしたのです。